<< 5本指手袋 | main | ここ数ヶ月で買ったレトロ人形本 >>

永遠少女な服を購入

「半分青い」で井川遥が着ている衣裳が話題になっているようです。

(私、このドラマを見てはいないんですが・・・)

ヤフーニュースの画像を見て、思わず「懐かしい♪」とつぶやいてしまう私。

 

学生時代、大橋歩氏のイラストが好きで、そこからピンクハウスのファンに。

(ピンクハウスの広告のイラストがカッコよかった!)

でも、当時の私にはとても高価な服だったので、買ったことはなく・・・

ショップにも怖くて入ったことはなく・・・(ハウスマヌカンのお姉さんが

すぐ寄ってくるので怖かった)

当時の「装苑」には製図が載っていることもあったので、一生懸命コピー服

を作って、着ていました。

(ワンピースやブラウスなど、いくつも作ったのに写真が残ってなくて残念)

 

丸ヨークの編み込みセーターも、まだ技術が全然追いつかないのに『着たい!」

という気持ち一心で自己流ながら完成させていました。

 

これ証拠写真↓

もう30年も前なので(変わり果ててしまっているので)顔出しで・・・

髪型が時代を感じさせる〜

そして後ろの壁(キラキラが入った)が古っ!

上の写真で着ているのも、編んでいるのも、ピンクハウスのデザインの

丸ヨークセーターです。

 

↓完成したもの(こちらはカーディガンにアレンジ)

なぜかパーデンネン(わかる人にわかればイイ・・・)のポーズ

 

そこでふと、今ピンクハウスではどんな服を売ってるのかな・・・

と検索してみると・・・

なんと、古着がたくさん出品されている!

ピンクハウスのお姉さんブランド的なインゲボルグの服の古着が

破格の安さで出品されていて、思わず購入!

かなり着古された感はあるものの、仕立てがキレイで、何より

細かいフリルやタックが圧巻のデザイン。

 

 

 

 

ピンハウスのトレードマーク的なリボン、洗濯のためいったん外しました。

周囲にフリルがたっぷりついた1本のリボンを結んで、この形になるので

真ん中がクシャッとしているのが特徴。

(ずっしり重くて、洗濯するとなかなか乾きにくい)

このリボンも、マネしていくつも作ったなぁ・・・

 

雑誌のスクラップもたくさん集めていました。(ザッと数えても100枚以上ある)

流行に乗っていないデザインだっただけに、今見ても古さを感じない。

少女趣味なデザインだと思っていたけれど、年齢に関係なく着られる

デザインかも。

こういう服を着こなすおばあさんになるのが目標です。

 

 

 

 

 

 

 

posted by: JUNNA | ハンドメイド | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:50 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://junna-dolls.jugem.jp/trackback/249